前のページへ戻る

BMLコンテンツ開発ハンドブック 地上デジタル/衛星デジタル放送編

BMLコンテンツ開発ハンドブック 地上デジタル/衛星デジタル放送編
BMLコンテンツ開発ハンドブック 地上デジタル/衛星デジタル放送編

通常価格 ¥100,800(税込)

メディアキャスト特別価格 ¥97,200(税込)

申込フォームへ

サイズ・判型 A4判
ページ数 288P
発売日 2005/01/28
執筆者 株式会社デジタル・キャスト・インターナショナル(田中賢一郎)
発行 株式会社インプレス/インターネット生活研究所
発売 株式会社インプレスコミュニケーションズ
その他のスペック 付属CD-ROMについて
付属のCD-ROMには、本文中で使用したサンプルBMLファイルのほか に、ウィンドウズ搭載パソコン上でBMLの動作確認をできるブラウザーソフト「giggle」(評価版)を収録しています。
※BMLブラウザ「giggle」(製品版)は、販売を終了しているソフトウェアになります。
※Windows Vistaには対応しておりません。

デジタル放送の大きな特徴の1つが、映像や音声だけでなく文字や画像による情報を提供するデータ放送です。このデータ放送のコンテンツは、 BMLという言語によって作成します。
BMLは、ウェブページを作成するHTMLをベースにしているため、一見するとよく似ていますが、放送ならではの事情にあわせて拡張されているため。 HTMLとは異なる配慮が必要となります。

しかし、現状ではBMLに関する入門的なテキストというものが存在しないため、習得するには難解な仕様書や運用規定を自分で解読しながら、学習する必要がありました。 そのため、デジタル放送向けテレビ番組の制作現場では、BMLのわかりやすいテキストが求める声が高まっていました。
本書は、デジタル放送に初期から関わる技術者が、HTMLやJavaScriptの基礎知識がある読者に向けて、BMLとHTMLの違うところを中心にして、 わかりやすい入門書を目指して書き下ろしたものです。現在デジタル放送に関わっている、またはこれから参入を考えている方々にとっては必携です。

※ご注意 本書の内容は、地上デジタル/衛星デジタル放送向けデータ放送用コンテンツについてのみとなっております。ワンセグ放送向けデータ放送用コンテンツについてはこちらをご覧ください。

目次

はじめに

第1章 背景知識

1.1 データ放送のイメージ
1.2 データ放送が見られるまで
1.3 BMLとHTMLの比較
1.4 本書の位置づけとARIBの読み方
1.5 はじめてのBML

第2章 入門編

2.1 プレーンモデル
2.2 要素・属性
2.3 スタイルシート
2.4 カラーモデル
2.5 TV用のCSS特性・属性
2.6 # CSS特性の使用例
2.7 モノメディア

第3章 実践編

3.1 BMLにおけるプログラミング
3.2 インタフェース
3.3 JAVASCRIPT
3.4 イベント
3.5 ブラウザ擬似オブジェクト
3.6 バイナリテーブル
3.7 要素別DOMインタフェース

第4章 応用編

4.1 組み込みオブジェクト
4.2 組み込みオブジェクト例
4.3 NVRAM
4.4 通信コンテンツ
4.5 名前空間
4.6 モジュールアップデート
4.7 イベントメッセージ
4.8 コンテンツ例

第5章 印刷編

5.1 印刷サービス
5.2 文書フォーマット
5.3 XHTML-PRINT文書フォーマット
5.4 印刷コンテンツ作成時の留意点
5.5 印刷モデル覧
5.6 BMLからの印刷

このページの上部へ戻る

前のページへ戻る