戻る

制作環境

メディアキャストがお手伝いします

データ放送の一番困難な作業は、受信機を用いた実機動作検証になります。現在様々な種類の受信機が販売されており、受信機ごとにデータ放送の動作が異なる場合があります。その為、実機を利用した動作検証が行われます。効率よく実機検証を終えるためには、コンテンツを制作段階で、ARIB規格のチェックやスクリプトのチェックを実施する必要があります。
メディアキャストでは、BMLの編集からデバッグ、ブラウズ、実機検証までの制作環境をご提供します。

対応製品

Foliage typeA

固定受信データ放送用 BMLオーサリングツール

詳しくはこちら

Foliage typeC

ワンセグデータ放送用 BMLオーサリングツール

詳しくはこちら

ShotMUX Complete

デジタルデータ放送用 受信機検証システム

詳しくはこちら

MarcusONE

ARIBフォーマット変換ASPサービス

詳しくはこちら

このページの上部へ戻る

前のページへ戻る