戻る

製品情報インデックス

デジタルデータ放送用コンテンツ制作では、ウェブサイトや携帯電話サイトなどのネットワークコンテンツ制作と同様に、コンテンツの「企画立案」、「画材編集」、「BML & ECMAScript編集」、「動作検証」、「コンテンツ更新運用」というフローでコンテンツが制作され、その後に送出器へ出力されます。

ただ放送用コンテンツという観点から、ネットワークコンテンツ制作と比較すると一般社団法人電波産業会(ARIB)が策定した難解な放送規格(ARIB規格)に準拠する点と、幾度もの高精度な動作検証を必要とされます。

メディアキャストのデータ放送制作製品は、ARIB規格準拠のコンテンツ制作機能はもちろんのこと、各々のプロセスで必要な各種機能が搭載され、直感的なGUI操作によりウェブ制作なみの感覚で容易なデジタルデータ放送用コンテンツ制作を可能とします。また各製品を連携して使用することにより、低コストで効率的なコンテンツ制作を可能とする統合環境が実現します。

ソリューション

制作環境

制作段階での十分な検証が必要なデータ放送。業界標準となった制作環境をご提供します。

詳しくはこちら

放送システム

データ放送制作で培った技術を利用し、低コストで使いやすいデータ放送システムをご提供します。

詳しくはこちら

固定受信機

放送規格が難解で大きな投資が難しいデータ放送。低コストで技術や人材を確保するためのコツとは?

詳しくはこちら

ワンセグ

開始早々、様々な面でますます期待が高まるワンセグ放送。その主役はデータ放送サービスです。

詳しくはこちら

CATV

激動の時代に突入するCATV。生き残りには地域性を武器にしたデジタルデータ放送サービスが必需です。

詳しくはこちら

製品ラインアップ

DataCaster M3

統合型データ放送システムソリューション

詳しくはこちら

SparkMUX

文字スーパー / イベントメッセージ同時送出機能

詳しくはこちら

Foliage typeA

固定受信データ放送用 BMLオーサリングツール

詳しくはこちら

Foliage typeC

ワンセグデータ放送用 BMLオーサリングツール

詳しくはこちら

ShotMUX Complete

デジタルデータ放送用 受信機検証システム

詳しくはこちら

MarcusONE

ARIBフォーマット変換ASPサービス

詳しくはこちら

このページの上部へ戻る

前のページへ戻る