戻る

ワンセグデータ放送用 BMLオーサリングツール

Foliage typeC

フォーリッジ タイプシー

Foliage typeC(フォーリッジ タイプシー)は、一般社団法人電波産業会(ARIB)が策定した地上デジタルデータ放送規格及び運用規定(ARIB STD B24、ARIB TR-B14C-Profile)に準拠したBMLオーサリングツールで、高度な技術を必要とせず直観的なマウス操作により、インターネットのホームページ (HTMLコンテンツ)制作と同等の容易さでデータ放送コンテンツの制作を可能にします。
またECMAscript編集支援機能やデバッグ機能、画面プレビュー機能などを備え、BML初心者から上級者まで幅広いユーザーが利用可能な国内唯一の汎用BMLオーサリングツールです。

Foliage typeC 動作画面

ワンセグ受信機は、固定受信機と比較すると多種多様な受信機が発売されており、全てのワンセグ受信機でのコンテンツ動作検証が非常に困難なものとなっており、コンテンツ制作時にARIB規格と運用規定への準拠、PC上での精度の高い検証が重要となります。
Foliage typeCは、BML編集機能や画面プレビュー機能の他に、BML(ECMAScriptを含む)デバッグ機能を搭載しており、BMLコンテンツ編集からコンテンツ検証をシームレスに行うことが可能となり、BMLコンテンツ制作者はPC上でBML編集と共に瞬時にデバッグとBML画面プレビューという精度の高いコンテンツ検証作業が行え、コンテンツ制作フローの効率化と共に、創造性のあるコンテンツの制作環境が実現できます。
また放送ならではのNVRAM、Ureg/Gregの表示などに加え、BCML対応により、ESからモジュール、リソースの構成を一覧でき、イベントメッセージやモジュールアップデートの検証も行えます。
さらにARIB規格に準拠した画像を生成する機能も搭載しており、Foliage typeCだけでBMLコンテンツの制作が可能になります。

編集機能

簡単なGUI操作

直感的なGUI操作により容易に画面レイアウトや、BMLおよびECMAScriptプログラミングが可能

ECMA Script入力支援

ECMAScript編集時に各スクリプト関数や引数を自動的に表示するオートコンプリート機能や、各関数の詳細情報(機能、属性、種別、引数、戻り値など)を表示するヘルプ機能を搭載し、頻繁にARIB規格書を参照することなくECMAScript編集が可能

コンテンツ構造の各種情報表示

BMLの要素数、ノード数、ツリー構造の深さ、ECMAScriptのステップ数などの表示が可能

コンテンツ構造の各種情報表示

BMLのCプロファイル準拠の属性値入力

ワンセグ地上デジタル放送の規格、規定に準拠したパラメータのみを入力可能とするなど、編集段階での規格外入力を防止

BMLのAプロファイル準拠の属性値入力

BML、リソースファイルの登録

BCMLのツリーにBMLファイルやモノメディアなどのリソースファイルをドラッグ&ドロップするだけで、BCMLの構造を作成可能

BML、リソースファイルの登録

BCMLの属性値入力

データ放送番組交換方式(STD-B35)に準拠したパラメータのみを入力可能にするなど、編集段階での規格外入力を防止

BCMLの属性値入力

ARIB規格基準の画像処理

ARIB規格に準拠した、高品質なPNG減色処理、CLUT生成、およびデータ容量指定が可能なJPEG圧縮処理が可能

デバッグ機能

ARIBチェック機能

BML、ECMAScriptの構文、CSS、モノメディア(画像など)の放送規格及び運用規定の各種チェック機能を搭載

各種情報のリアルタイム表示

各変数値や、Ureg/Greg、NVRAM、ブックマークなどのメモリ情報をリアルタイムに表示することが可能な為、ソースコードにdebug文(変数等の出力)を記述することなく変数の中身の確認が可能。また変数の値はデバッグ実行中に編集することが可能

NVRAM情報

Ureg/Greg情報

変数値情報

テレビリンク情報

ブレイクポイント設定

プレビューをしながらECMAScriptの任意の場所で実行を停止することが可能

ブレイクポイント設定

デバッグ実行

プレビューを行いながらECMAScriptの停止した位置から1ステップ毎に実行することや、ユーザー定義の動作検証が可能

ECMAScriptヘルプ

ECMAScriptの組み込みオブジェクトや放送用拡張オブジェクト、放送用拡張関数(Browser擬似オブジェクト)の仕様説明を編集中のBML文書から直接検索が可能

プレビュー機能

BMLおよびBCMLのプレビュー

BML単体のプレビューだけでなく、BCMLの入力が可能で、番組レベルでのプレビュー確認が可能

BMLおよびBCMLのプレビュー

キーボタン操作エミュレーション

実機と同様に数字キーや十字キー操作によるプレビュー確認が可能

HTTP通信エミュレーション

データ放送コンテンツで重要な、通信コンテンツへの遷移などの確認が可能

イベント発火エミュレーション

データ放送特有の機能である放送イベントの発火の確認が可能

イベント発火エミュレーション

BML情報表示

プレビュー中のBMLのステップ数、要素数などの情報を表示

BML情報表示

URI変換機能

実際の放送に使用されるドメイン名やシーン遷移先のURIを、ソースコードを変更することなく検証用ドメインやローカルディスク上のパスに変換しプレビューすることが可能

URI変換機能

カルーセル切替エミュレーション

BCMLに記述されたスケジューリング及びアンタイムのイベントメッセージやモジュールアップデートの動作確認が可能

受信機プロファイル

受信機のブラウザ名やUser-Agent、使用可能な放送用拡張関数の設定をプロファイルとして保存し、プロファイルを切り替える事で複数の受信機の検証をエミュレーションすることが可能です。

受信機プロファイル

ブラウザ情報設定

受信機のメーカーID、ブラウザ名、バージョン、User-Agentなど各種情報設定

放送用拡張関数エミュレーション

放送用拡張関数の実装の有無や、関数の動作、戻り値などを設定しエミュレーションすることが可能

表示サイズ設定

受信機の映像表示領域、データ放送表示領域のサイズを設定

動作環境

Foliage typeC
OS MMicrosoft Windows XP SP3(32bit)
Microsoft Windows Vista SP2(32/64bit)
Microsoft Windows 7(32/64bit)
CPU Pentium4以上(Core i5以上を推奨)
メモリ 512MB以上(XPの場合1G以上を推奨。Vista以降の場合2G以上を推奨)
HDD 40MB以上(別途コンテンツ保存領域等が必要となります。)
解像度 1600x900以上を推奨
その他 USBインターフェース

このページの上部へ戻る

前のページへ戻る