前のページへ戻る

2018/07/10

メディアキャスト、「新4K8K衛星放送」のデータコンテンツサービス用
コンテンツエミュレータを相次いで納入

NHK、BS民放各局、制作会社など
本放送開始まで5ヶ月を切り、着々と準備中の各局に効率的な制作環境を提供
A-PAB向けに受信機用テストコンテンツも提供し、次世代放送サービスの普及に貢献

株式会社メディアキャスト(本社:東京都品川区、代表取締役 杉本孝浩)は、2018年12月開始予定の「新4K8K衛星放送」におけるデータコンテンツサービス用のコンテンツ動作検証を行うためのエミュレーションソフトウェア(試作版)を、A-PAB(放送サービス高度化推進協会)、NHK(日本放送協会)およびBS民放各局、制作会社に相次いで納入したことを発表します。
本放送開始まで5ヶ月を切り、同エミュレーションソフトによる効率的な制作環境を提供することで、各局の新サービスへの準備が加速されます。
また、メディアキャストでは、A-PAB向けに、当エミュレーションソフトと併せて、受信機向けテスト用データコンテンツも納入しており、A-PAB会員である各受信機メーカーによる「新4K8K衛星放送」対応受信機の製品化に向けた検証用として使われるなど、メディアキャストは、「新4K8K衛星放送」の普及に大きく貢献しています。

 

同エミュレーションソフトは、ARIB(電波産業会)が規格策定中の「ARIB STD-B61」、「ARIB STD-B62」、「ARIB TR-B39」に準拠し、コンテンツ動作検証に必要な充実した各種機能を搭載しており、開発したデータコンテンツが、今後発売される「新4K8K衛星放送」対応受信機で正しく動作するかどうかを実際のリモコンを模したUI(ユーザインターフェース)で動作確認することができ、コンテンツ記述言語であるHTML5やイベントメッセージ発火などのデバッグも可能です。当ソフトウェアにより放送規格に準拠したコンテンツ開発が可能となり、本放送開始に合わせて確実なコンテンツ準備や、本格的な運用開始後も信頼性の高い新しい放送サービスを最短期間で投入していくことができます。


「新4K8K衛星放送」のデータコンテンツサービスでは、コンテンツ記述言語として汎用性の高いHTML5が採用されています。今回開発したエミュレーションソフトでは、データ放送用BML オーサリングツール「Foliage(フォーリッジ)」や、ハイブリッドキャスト用HTML5コンテンツ制作ツール試作版「amphibious(アンフィビアス)」などで、メディアキャストが培った制作技術やノウハウが活かされています。
メディアキャストは、次世代放送サービスの普及促進・発展に寄与するため、今後も新しいツールやシステム開発に注力していきます。

新4K8K衛星放送 データコンテンツサービス用 コンテンツエミュレータの主な機能

(1)画面プレビュー機能

  • ARIB STD-B62で規定される放送用拡張関数にネイティブ対応しており、本ソフトウェアで検証したコンテンツはそのまま放送用として使用可能
  • コンテンツの縮小表示により4K・8KコンテンツもHDモニタで確認可能
  • 通信コンテンツだけでなく、PCローカル上の放送コンテンツのシミュレートも可能

(2)JavaScriptデバッグ機能

  • ブレークポイントの設置によりステップごとにスクリプトの実行が可能で、各JavaScript変数のデバッグも可能

(3)リモコンシミュレート機能

  • 実際のリモコンを模したUIよりコンテンツの動作確認が可能

(4)イベント発火シミュレート機能

  • イベントメッセージの発火シミュレートが可能

(5)URI変換機能

  • URI変換により、PCローカル上のコンテンツを通信コンテンツとしてシミュレート可能

(6)AIT関連機能

  • AIT (アプリケーション情報)に関する、エントリポイント、バウンダリ、パーミッションなどの動作をシミュレート可能
  • 通信コンテンツ上のXML形式AITだけでなく、放送コンテンツのMH-AITのシミュレートにも対応
  • 放送コンテンツはデータコンテンツ交換方式に対応

(7)更新処理のシミュレート

  • 放送コンテンツ、データリソース、MH-AIT、EIT、字幕情報更新のシミュレートに対応
  • 時間指定およびUIからの任意のタイミングでの更新が可能

(8)NVRAMのシミュレート

  • NVRAM(Greg、Ureg、その他NVRAM領域)のシミュレートに対応
  • UIより参照・変更が可能

 

コンテンツエミュレータ操作画面

 

※BML オーサリングツール「Foliage」の詳細は以下をご参照ください。

 http://www.mcast.co.jp/product/production.html

※ハイブリッドキャスト用HTML5コンテンツ制作ツール「amphibious」の詳細は以下をご参照ください。

 http://www.mcast.co.jp/press/pr/193.html

株式会社メディアキャストについて

http://www.mcast.co.jp/

株式会社メディアキャストは、デジタルデータ放送分野に特化したソフトウェア開発・販売、受託開発を行う業界唯一のデータ放送専門会社です。データ放送からハイブリッドキャストまでのコンテンツ制作技術や運用システムなどに求められる専門分野で多くの経験と実績を有し、メディアキャストの製品群は、NHK(日本放送協会)、民放各局、地方局、CATV局、ならびにコンテンツ制作会社などで多数採用され、デジタルデータ放送業界のデファクトスタンダード製品として位置付けられています。

本報道関係お問い合わせ先

株式会社メディアキャスト

担当: 杉本 孝浩
TEL: 03-5449-6701 / FAX: 03-5449-6702 / Emaill: pr_atmark_mcast.co.jp


※電子メールアドレスには、スパムメール防止のため「@」を「_atmark_」と表示しております。
メール送信の際には、「_atmark_」を「@」に置き換えて下さい。


※当リリースに関する画像データを以下からダウンロードいただけます。
http://www.mcast.co.jp/press/data/

※Foliage、amphibiousは、株式会社メディアキャストの登録商標です。
※その他の商標は、それぞれの所有者にその権利が帰属します。

このページの上部へ戻る

前のページへ戻る