前のページへ戻る

2004/08/06

簡易実機検証ソフトウェア「ShotMUX」出荷開始の御案内

2004年6月に発表いたしました簡易実機検証ソフトウェア「ShotMUX」を8月6日より出荷開始いたします。 ShotMUXは、デジタルデータ放送用番組記述言語のBCMLで記述された、デジタルデータ放送用番組コンテンツの多重化処理を行い、TSファイルを生 成し、IEEE1394経由でAV-HDD装置に出力するソフトウェアです。
コンテンツ制作者は、TSファイルが記録されたAV-HDDを、デジタル放送受信機に接続・再生することで、実機による動作検証が可能となります。
また、コンテンツの動作検証のみではなく、放送設備導入前のデータ放送コンテンツ制作のトレーニングや、各種デモンストレーションコンテンツなどにも御利用いただけます。

価格は、1ライセンス 300万円(税抜)

製品情報

ShotMUX 製品ページ
お問合せは、info@mcast.co.jpまでお願いします。

 

このページの上部へ戻る

前のページへ戻る